<   2008年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

瞬間にすべてがある日々

こんにちは。


突然ですが、みなさんは日々

「瞬間」 を感じていますか?


日常会話で出てくる会話が、

噂話や過去の話になっては

いないですか?


まめの木にいると、リアルタイム

で相手(おじいちゃんやおばあちゃん)

を瞬間瞬間で感じ、対話をしている

ように感じます。


瞬間を感じる。そしてその感じたまま自分の

言葉で表現する。なんでもないようでいて簡単に

聞こえるけど、意外と難しい。


けどそれが出来ると、お互いニッコリ通じ合えるんですよね。

介護の上だけではなく、生きていく上で、一瞬一瞬を生きていく。

そうありたいと考えています。思い出は、思い出で大切ですが、

やはり過去なんです。今と現在から始まるのが幸せな未来では

ないでしょうか?


だけど、現実はおじいちゃんの口から出てくる言葉は、

「戦争時代は、ワシは....」


分かります:笑。そこには僕らには分からない大変な苦労もあれば

キラキラとした輝きもある。古き良き思い出。


だけれども!今の瞬間を共有したい。これは勝手な考え

とは思っていません。


2008年5月20日。さぁ、爽やかな初夏の今日の日に、

笑顔で話しをしましょう。80歳でも90歳でも100歳になっても、

今の瞬間から始まるおじいちゃんのその新しい言葉と表情を

僕は知っています。そして僕もそうありたいのです。


いつも対話の中から気付かせてくれる感動を

ありがとうございます。



スタッフ さとし
[PR]
by mamenoki-inc | 2008-05-20 14:09 | スタッフ日記 | Comments(0)

まめの木畑

今日はまめの木の裏にある畑のお話し。

今からの季節、天気のいい日はみんなで散歩しながら畑を見にいきます。
小さな面積ですが、まめの木のみんながワンシーズン食べるには十分
すぎるほどの敷地。ここでクニさんが中心となってまめの木の食卓にならぶ
おいしい野菜を作っています。

実はクニさん自身も野菜作りは、まめの木を立ち上げてから初めて挑戦した
ことの1つ。お客さんや農家の人が少しずつ教えてくれて、今にいたっているん
ですよ。

じゃがいもに、きゅうりに、なすびに、ほうれん草に、トマト...。
(夏はよくみんなで新鮮トマトをつまみ食いします!これがまたおいしい:笑。)

これからの成長と収穫が楽しみです!

スタッフ さとし

f0162541_151198.jpg

f0162541_1522814.jpg

f0162541_1523546.jpg

f0162541_1525994.jpg

f0162541_1532473.jpg

f0162541_1533250.jpg


[PR]
by mamenoki-inc | 2008-05-13 15:16 | スタッフ日記 | Comments(0)

まめの木代表インタビュー

こんにちは!

今日は我らがまめの木の代表、伊藤 邦友に登場してもらい、インタビューにて、
まめの木や富山型について話してもらいました。代表は、まめの木では、みんなから
「クニさん」というニックネームで呼ばれています。お客さんからもスタッフからも
です。この距離間もまめの木ならではですね。いつまでも現場にこだわり続ける
「クニさん」。それでは以下質問形式になっています。じっっくりご覧下さい!


-------------------------------------


質問1 まめの木を始めたきっかけを教えてください。


クニさん... 「47歳の時まで勤めていた会社が、不景気のあおりを受けリストラの
嵐で人員整理があり、二人の子供たちも成人を迎えていたため若い頃から福祉の仕事
をしたいと思っていたので、思い切って会社を辞めて福祉の仕事をしようと思いました。福祉の仕事の種類が多く何をして良いのかわからない時に、”このゆびとまれ”
の惣万氏や”にぎやか”の阪井氏と出会い富山型デイサービスを知り、今まで伯母が入っていた老人ホームのイメージしか知らなかった私にとって、こんな介護も
ありなのかと目からうろこが落ちる思いでした。自分自身25歳の頃に充分な介護も
出来ず母を他界させた悔しい思いがあり罪滅ぼしではないですが、母にしてあげたかった
介護を一人でも多くの高齢者の方々にしてあげたいという願いを込めて富山型
"デイサービスまめの木"を開所しました。」


質問2 "富山型"とは?知らない人もいると思うので簡単に説明してもらえますか?


クニさん... 「現在、一般の若い人たちの家庭では、ほとんどが共働きをされているので、
自分の親に対して良い介護ができないという状況があります。又あるいは、高齢者が
高齢者を介護するという現状の中、できるだけ"家庭において介護を行う”というのが、
富山型の介護サービスです。家族の方々も気軽に行き来できて、介護される本人も自分
の家のように遠慮することなく好きなことを言えるような、まるで自分の子供に介護をして
もらっているような自然な空間と介護をを富山型はめざしています。
それと富山型の理念としては、以下のような項目があります。
① トップが現場で働き続ける事。
② 日課がない行事には(本人がしたくない)力を入れない 
* 日常の介護に力を注ぎ非日常的なことはしない事。
③ 利用者、家族ととことん付き合い自由な発想で柔軟に対応する。
④ 断らない、見捨てない、ニーズがあれば、即OKする事。
⑤ 障害者にも働く場所を提供する事。
⑥ 利益を優先で事業を拡大する事が目的ではなく初心を大事にする事。
⑦ 誰が職員か利用者かわからないほどとけこんだ介護を目指す事。



質問3 尊敬する人、好きな言葉、それぞれ教えてください。


クニさん... 「尊敬する人は、沢山の死に直面した人々を助けてきた現代の慈愛
聖母でもある"マザーテレサ"と宇宙の真理を追究しながら化学の発展をとげた
"アインシュタイン博士"です。
好きな言葉は"天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らずです。」


質問4 福祉の今後はどうなると考えますか?また、今後のまめの木のビジョンに
ついて聞かせてください。


クニさん... 「高齢者医療制度や障害者自立支援法等の法や制度改正の為、介護、
医療費負担が上がっている中、弱者救済という意味でも政府の政策を少しでも正せる
活動をしていかなければ、日本の国としては大変悪い福祉国家になると思います。
まめの木としては、平成15年にデイサービスを設立、平成19年にショートステイを
オープン、又、平成21年度には、まめの木としての地域密着の富山型介護相談居宅
事業所を設立する予定です。人が生まれてから死ぬまで高齢者や障害者、児童、幼児
にヒューマンライフとしてなにが本当に必要なのかを受け答えでき一環した相談業務
ができる”まめの木”を目指していきます。又、富山県において、よりよき福祉推進
のひとつの歯車になって行きたいと考えています。」


質問5 最後に一言。


クニさん... 「障害者やお年寄り子供たちも一般の成人健常者と同等に幸せに生きる
権利があります! 日本の未来が本当の意味で過ごしやすい福祉の国になりますように、
まめの木のスタッフ共々頑張ります。」


f0162541_199941.jpg


(有)まめの木 代表 伊藤 邦友

-------------------------------------


長い文章最後まで読んでくれた方、どうもありがとうございました!
まめの木の理念が少しでも伝わったなら、とても嬉しいです。
とにかくウチの代表は、スタッフに対してもお客さんに対しても公平に接します。
そして時間を忘れるくらいとことんお客さんと向き合う人です(たまに熱中しすぎて
時間が色々とズレて女性スタッフ陣に怒られることもあります:笑)。まあ、とにかく、
人間くさくてとことん熱い人なのです!

それでは、まめの木や富山型に興味をもたれた方、お気軽にお問い合わせ下さいね。
今日もありがとうございます!

スタッフ さとし
[PR]
by mamenoki-inc | 2008-05-01 18:57 | まめの木について | Comments(0)