だいじょうぶ

急に血圧が下がるため、

お風呂では浴槽に入れなかったNちゃん。


最近の落ち着いてる様子をみていて


  なんだか、今日は 大丈夫 かも。。



いつも足先が冷たくて氷のよう。。

冬場、ずっとシャワーばかりで

我慢されてる様子を見て気になっていた。



  あったまってもらいたい


  なにか あっても 絶対に 助ける




いつもどうりに、入浴して

「浴槽に入ってみようか?」

「えー、できるかね。」

「お姫様だっこして、入ってみようよ!」


意を決して、Nちゃん、

「なら、入ろうか。」


ほどよく、熱いお湯。


抱きかかえて、浴槽に入る。





「どれだけぶりだろう。。^^」



心配だったのか


「もう、あがろう。」とNちゃん。



お風呂にはつかれない と本人はあきらめていた


  だいじょうぶ


  ぜったい だいじょうぶ



してあげたい という思いが


背中を押してくれた。



当たり前に できていたことが

出来なくなってとき



それが

できたときの 喜び



ひとつ ひとつが 発見


見えてなかった気づき



同じように体験させてもらっている


これも 喜び。。
[PR]
by mamenoki-inc | 2010-04-11 13:11 | Comments(0)
<< 気遣いの homehelp 飛まめ >>